home
 
 
 
TOPページ >> デビットカードとクレジットカードの比較 >> 利用可能時間の違い
 利用可能時間の違い
利用可能時間の違い

クレジットカードとデビットカードの大きな違いの一つとして決済方法があります。 この決済方法による違いは、視点によってメリットとデメリットが入れ替わる為、「どちらが良い」と言うことは出来ません。その為、“メリットにもデメリットにもなる”違いだということが言えます。


 クレジットカード
クレジットカードの“クレジット”とは「信用」と意味を持ち、会計用語としては「貸方」や「信用販売」という意味を持ちます。 つまり、クレジットカードの決済は、「クレジット払い」になります。つまり、購入金額をクレジット会社から借りて、後日支払う、という支払い方法です。

このクレジット払いの利点は、現金が無くても商品を購入することが出来る点です。もちろん将来的には支払わなければいけないので、「借金をして商品を購入する」ということになります。

また、クレジット払いの利点として「支払い方法が複数ある」ということが言えます。
複数回に分割して払うことで一回当たりの支払い金額を安く抑えることが可能になります。ただし、ローンと同じように金利手数料は発生してしまいます。

また、クレジット払いでも1〜2回払いの場合は、金利手数料が付きません。その為、“後払い”という点のメリットだけを残すことが可能になります。

クレジット払いをメリットとして捉えるなら、
・高額商品を一回の支払い額を少なくして購入することが出来る。
・後日の余裕のある時(給料日後など)に支払いを先延ばしに出来る。
ということが言えます。

逆に、デメリットとしては、
・支払い限度を超えて購入してしまう可能性がある。
・分割の回数によっては、高い金利手数料が発生してしまう。
などが挙げられます。

デビットカード
デビットカードの支払い方法は即時決済になります。簡単に言えば、購入したその時点で支払い口座から購入代金が引き落とされる支払い方法になります。

厳密に言えば、金融機関の営業時間内で引き落としになりますが、購入時に引き落としの手続きが行われることになります。その為、口座に購入金額分の残高が無い場合には、購入することが出来ない為、支払い限度を超えた利用をする心配がありません。

また、即時決済の為に分割払いが出来ず、金額に係わらず一括での支払いになります。

このように、デビットカードの即時決済をメリットとして捉えるなら、
・支払限度額を超える心配が無い
・一括払いの為、金利手数料の発生が無い
と言うことが出来ます。

逆に、デメリットとして捉えるなら、
・金額に係わらず一括での支払いになる
・口座に残高が無い場合には、利用することが出来ない
などが挙げられます。