home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
 
TOPページ>>クレジットカードのメリット
 クレジットカードのメリット
クレジットカードのメリット

クレジットカードの「クレジット(=credit)」とは、 「信用」という意味を持ち、そこから「信用販売」の意味を持っています。

つまり、クレジットカードとは「信用販売が出来るカード」になります。

信用販売

クレジットカードを利用することで、現金による支払いではなく、信用販売をすることが出来ますが、この『信用販売』とはどんな取引なんでしょうか。

『信用販売』を簡単に言うと「商品を先に渡し、代金を後払いにする販売方法」です。その支払い方法は様々ですが、一般的に「掛け売り」「月賦」などと言われているのは、信用販売に含まれます。

クレジットカードを利用して『信用販売』と言う代金後払いのシステムによって、様々なメリットを得ることが出来ます。

クレジットカードの主なメリット

◆キャッシュレス
クレジットカードの最も大きなメリットは“キャッシュレスで買い物が出来る”という点ではないでしょうか。

特に大型家電や宝石類などの高額商品を購入する時には、現金を持ち歩く心配が無くカード1枚で決済をすることが出来ます。

高額商品だけでなく、コンビニなどの少額商品の購入でもクレジットカードを利用することが出来ます。クレジットカードで決済をすることで、小銭を用意する手間が省け、おつりの小銭も発生しません。

また、最近ではオンライン決済が出来るのもクレジットカードの利点と言えます

◆分割払い
商品を購入する時には、その商品が高額になればなるほど、一括で支払うのが困難になります。そのような時に利便性が高いのがクレジットカードです。

クレジットカードでの支払いなら、回数を指定した分割払いだけではなく、ボーナス払いやボーナス併用払いなど、取引業者によってさまざまな分割払いの方法が可能です。

支払いを分割ことで、月々の支払いが少なくなるので、高額商品でも購入しやすくなります。

◆ポイントの累積
発行会社によっては、利用料に応じてポイントやマイルが蓄積され、そのポイント数に応じて様々なサービスを受けることが出来ます。

クレジットカードは殆どの店舗や、公共料金の支払いにも利用することが出来るので、ポイントの累積という点において、現金払いに比べ数倍のポイントを蓄積することが出来ます。

◆個人証明
日本では、あまり馴染みがありませんが、クレジットカードの発行には、保障会社の承認が必要になるので、クレジットカード自体が本人を証明する証にもなる場合があります。

似たような事例としては、ホテルなどに予約なしで宿泊する場合など、カード払いであれば現金を持っていなくても宿泊することが出来ます。

これは、クレジットカードが“支払い能力がある”という証明になっているからと言えます。