home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
 
TOPページ>>クレジットカードの種類
 クレジットカードの種類
クレジットカードの種類

クレジットカードには、その利用するシステムによって、様々な種類のカードがあります。

代表的なカードとして、5大国際ブランドと呼ばれる「VISA」「MasterCard」「JCB」「Diners Club(ダイナースクラブ)」「アメリカン・エキスプレス (AMEX)」などがあります。

これらのブランドは、それぞれ特定の企業が提供しているサービスですが、多くのクレジット会社がこれらの企業と提携することで、そのシステムを利用し、その利用の範囲を広くして利便性を高めています。

「VISA(ビザ)」

世界的2大ブランドの1つである「VISA(=Visa International Service Association )」は、アメリカの企業が運営するクレジットカードの国際ブランドです。

日本信販との提携を皮切りに数多くの企業と提携し、現在では日本で第2位のシェアを持っているブランドです。

「MasterCard(マスターカード)」

「VISA」と並び世界的2大ブランドの1つである「MasterCard」は、アメリカのMasterCard Worldwideが運営するクレジットカードの国際ブランドです。

ヨーロッパのブランド「EURO CARD」と提携していたことから、ヨーロッパでは特に広く使われているようです。また、日本においては、積極的なCMによって知名度を急速に上げているようです。

「JCB」

アジア圏を中心に勢力を広げてきた日本発祥の国際ブランドです。日本最大のカード会社の為、日本でのシェアは第1位のようです。

当初は「アメリカン・エキスプレス」と提携をすることで国際カードとして利用されていましたが、1981年から、独自の国際展開をスタートさせ、海外では、 「ドン・キホーテ カード」「サムライカード」と呼ばれたこともあったようです。

「Diners Club(ダイナースクラブ)」

世界最初のクレジットカード会社で、アメリカを中心に世界展開しているのが「Diners Club」です。現在はシティグループによって運営されています。

会員には企業経営者やエグゼクティブ層が多いものの、MasterCardと提携することで、その利用者層を広げています。

「アメリカン・エキスプレス (AMEX)」

アメリカ企業が運営している国際ブランドで、「アメックス」(Amex)の略称でもしられています。ローマ兵士の顔をロゴとしており、その特徴としては、細かく細分化されたグレードとそのグレードに応じた年会費が設定されている点です。

日本では、クレディセゾンと提携をしていることで、利用者層を広げています。