home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
 
TOPページ>>クレジットカードの審査
 クレジットカードの審査
クレジットカードの審査

クレジットカードを利用する為には、金融機関にカードを発行してもらう必要があります。

金融機関はクレジットカードを発行する際に、その人が利用した金額を返済できるかどうかを審査して、その審査にパスした場合にしかクレジットカードを発行しません。

この審査は、各金融機関で行っている為、その審査の内容もまちまちで、“審査の通りやすさ”にもかなりの開きがあります。

審査の内容は主に、「スコアリングシステム」「属性」「個人信用情報」によって判断されます。

「スコアリングシステム」

スコアリングシステムとは、申請書に記載されている個人情報なおから、利用者を採点してランク付けするシステムで、このランクによって審査の可否や限度額などが決まります。

「属性」

属性とは、スコアリングする為の項目のことで、申込み者の居住形態や居住年数・職業・年収などの情報を指します。

この属性によって、それぞれ点数が付けられますが、本人確認の為の電話先での対応なども評価ポイントに関わってくるそうです。

「個人信用情報」

審査は各金融機関によって個別に行っていますが、一般的に2段階の審査が行われ、1段階目の審査が通ってから2段位目の審査で各金融機関ごとの審査が行われます。

その1段階目も審査をするのが、「信用情報機関」です。

この信用情報機関は日本に5機関あり、この5機関で保管されているのが「個人信用情報」になり、その情報に基づいてスコアリングの参考になるランク付けが行われます。

    (株)シー・アイ・シー(CIC)
    ほとんどのクレジットカード会社が加盟している機関で、大手クレジット会社の共同出資で設立された個人信用情報機関。

    全国信用情報センター連合会(全情連/JIC)(株式会社テラネット)
    ほとんどのキャッシング会社が加盟している機関で、JICは全国の個人信用情報機関からなっています。

    株式会社テラネットは5つある信用情報機関の1つですが、JICと情報がリンクされている為、審査内容に関しては同じ機関と捉えることも出来ます。

    全国銀行個人信用情報センター(KSC)
    銀行、信用金庫、信用組合、農業協同組合などの金融機関。

    株)シーシービー(CCB)
    外資系クレジットカード会社が主な会員です。CICの会員とかなり重なっています。