home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
 
TOPページ>>カード破産
カード破産
カード破産

近年、自己破産の申し立てをする人が急増しているのをご存知でしょうか。

自己破産の申し立てをする人の中には、20〜30代の人たちもいるようですが、その中には利用したクレジットカードの返済が出来ずに自己破産に陥ってしまっているケースも数多くあるようです。

クレジットカードは、高額商品でも分割して購入することが出来る便利なものですが、その分、計画的に利用しなければいけません。

カード破産に陥ってしまう原因

カード破産に陥ってしまう原因は、無計画にクレジットカードを利用した結果の“使い過ぎ”に他ありません。

どの企業で発行しているクレジットカードにも“限度額”が設けられています。その為、基本的には支払いが出来ない程クレジットカードを利用することは出来ません。

クレジットカードは発行時に審査があり、その審査によって限度額が決まります。

その時には安定した収入があることが条件になりますが、企業の破綻や、リストラなどが多い近年の日本では、カードを発行してから就職先が変わり、安定した収入を得ることが出来なくなってしまう場合も数多くあります。

その為、リボルビング払いなどによって長期間の分割返済をしている場合には、収入の状況が変わっても同じ金額を支払わなければいけなく、収入が減った途端に支払いが出来なくなってしまう事態に陥ってしまうのです。

カード破産になってそまう傾向のある人

カード破産にまでなってしまうのは“使い過ぎ”によるものですが、特に破産への加速度を上げる原因となっているのは「多重債務」です。

クレジットカードには、一枚ごとに利用限度額が設定してあり、支払いが出来ない金額の利用が出来ないようになっています。

しかし、複数枚のクレジットカードを持つことで、実質的にその限度額を引き上げることになってしまう為、結果的に支払いが出来ない程の債務を背負ってしまうことが可能になってしまいます。

一般的に、このような多重債務に陥ってしまう人は、“計画性がない”“約束を守らない”“責任逃れをする”などの共通点があると言われています。

例えば、毎日“金銭出納帳をつける”などによって、資金管理をしっかりと行えば、計画的にクレジットカードを使うこともある程度可能になりますが、自分の性格はなかなか直せるものではありません。

その為、自分の意志だけでは直せそうにない場合には、デビットカードのように借金を作らないように強制的に行う必要ががあると言えます。