home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ >> デビットカードの基礎 >> デビットカードとは
 デビットカードとは
デビットカードとは

デビットカードについて説明します。デビットカードサービスとは、今持っている金融機関のキャッシュカードで、そのまま支払いに利用できるようにした新しい決済サービスのことです。

普段、ATMで自分の口座から引き落とすために使用しているキャッシュカードがクレジットカードのようにお店で提示するだけで、現金の代わりに使用することができるのです。

デビットカードはよく、クレジットカードと「兄弟」として例えられることが多いのですが、その大きな違いというのは、クレジットカードが使用した金額を、翌月に一括で支払うのに対して、デビットカードは原則として即時引き落としとなります。

クレジットカードの場合は、「カード会社のお金を借りて」支払いをするということに対して、デビットカードは「自分の口座の中にある預金から」支払うという最大の相違点があります。

本来、キャッシュカードとは、知っての通りATM(現金自動預け払い機)から、預貯金の預け入れ、引出し、振込、振替、残高照会などをできるカードのことです。

キャッシュカードに全く新しいサービスが加わったのが1999年の1月のことです。 今持っているキャッシュカードが日本デビットカード推進協議委員会に加盟していれば、そのカードはデビットカードとして使うことが可能になります。

J-Debit」のロゴマークのある加盟店であれば百貨店でも、書店でも、ガソリンスタンドでも、ホテルでも、スーパーマーケットでも現金の代わりに使用することができるのです。

使い方はいたって簡単で、代金を精算する際に「デビットカードで」と所持しているキャッシュカードを提示します。 すると、お店側は設置している端末にキャッシュカードを挿入。あとは、差し出されたキーパッドに普段使用している暗証番号4桁を打ち込むだけです。 数秒すれば使用した金額のレシートがでてきて、それと同時に自分の口座からその分の金額が引き落とされ、お店側の口座に入金される仕組みになっています。

J-debitの使い方

クレジットカードのようにサインする手間もないし、おつりのやり取りもない現金での支払いよりもスムーズにすむことが多い便利なシステムです。

このカードシステムの便利なところは、これまで使っていたキャッシュカードをそのまま利用できるところで、新しくカードを作ることもないし、デビットカードとして使用するためのめんどうな手続きがないところです。 また、ATMで預金を払い戻しするときのような手数料も一切かからないので、夜間の使用でも損することなく自分のお金を使うことができるのです。

しかも、上限額が自分の銀行口座の残高なので、借金を背負うことになることがありません。 これまで、現金とクレジットカードが中心だった決済方法に、第3の決済方法として新たな方法が生まれたのです。 財布の中身がからっぽの状態のときに、わざわざATMまで駆けつけなくてもキャッシュカードさえあれば買い物ができるようになったのです。

 


スルガ銀行デビットカード