home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ >> デビットカードの基礎 >> カードのセキュリティについて
 カードのセキュリティについて
デビットカードのセキュリティについて

デビットカードは初期の導入当初はセキュリティの甘さに弱点があると指摘を受けることが多かったようです。

デビットカードでは、クレジットカードとは違って「サイン方式」ではなく4桁の暗証番号を入力する「PIN方式」を取り入れている分、セキュリティには優れていると考えられます。これはサインのように筆跡をまねて犯罪に及んだりされる心配がなく、導入仕立ての頃は大変画期的なものでした。

しかし、この暗証番号はATMで現金を引き下ろすときにしか使ってこなっかったプライベートなものだったため、例え店員であっても人前で暗証番号を入力するということに抵抗がありました。 これに対して、J-Debit導入に先駆けていた西武百貨店やビックカメラなどでは、「店員になるべく手元を見ないように」とか「レジで待つ後ろの客に下がってもらう」などといった指導を強化していました。

現在では、屋根付きのキーパッドが導入されていますが、確かに人前で暗証番号を入力するのには抵抗があります。 また、セキュリティ面でもうひとつ挙げられるのが、『キャッシュカードがそのまま使用できる』というところです。

これは、従来「ATMから現金を引き下ろすためのもの」でしかなかった物ですが、それをクレジットカードのように「物品を購入するために使用するもの」に転換させたため、防犯コードが厳しく設定されていないのです。 もともと「ATMから現金を引き下ろすためのもの」が「物品を購入するために使用するもの」に変わってしまうとは想定されていなかったためです。

キャッシュカードとして利用する際は、専用の回線を使っていたのにたいして、デビットカードとして使用すると公衆回線を使用したやり取りになるなどの不安もありました。 こういった不安要素を取り除くために、協議会でガイドラインを設けて端末から暗号をかけたり、パケット通信を利用するなど、何重ものプロテクトをかけてきました。

デビットカードにも盗難保険や、中には購入した商品に対しても補償をしてくれるサービスまで充実している程ですが、導入当初はクレジットカードのように盗難保険なんていうものは存在してはいませんでした。 まだまだ完全な防犯策がなされているとはいいきれませんが、着実にデビットカードもセキュリティ面を充実させたものに近づきつつあります。



スルガ銀行デビットカード