home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ >> デビットカードの基礎 >> デビットカードの動向
 デビットカードの動向
デビットカードの動向について

現在、デビットカードの普及率は、知名度の浸透の低さゆえ伸び悩んではいますが、各金融機関で発行し始めている事で少しずつですが上昇してきています。

海外ではデビットカード市場が急速に伸びています。 これは従来パーソナルチェック(個人用小切手:銀行で口座を解説すると所持することが可能になる住所、名前入りの小切手。海外では良く見かける)で行われていた支払いがデビットカードによる支払いに置き換えられているためです。

海外でも当初は個々の銀行が独自のサービスとしてバンクPOS形式のデビットカードサービスの導入を始めていたものの、そのままの携帯では顧客が利用できる銀行のカードが限られてしまうので、サービス面の利便性が低いと、利用者からは低調な評価でした。

これは、日本の銀行のバンクPOSが抱えていた問題と全く同じものでした。

しかし、この状況は国によって各々事情は異なってはいたものの、銀行間の相互利用が可能になった段階で解消され、急速に市場は拡大されました。さらにそこから、VISAの「エレクトロン」マスターの「マエストロ」など国際的なデビットカードサービスへの展開へと進んでいきました。

現在の日本では、まだまだ成長の途中段階であって、J-Debitを提供できる金融機関が整い、加盟店もそこそこに増え、国際的なデビットカードをやっと扱えるようになったばかりです。

日本人はもともと借金を嫌う傾向がありますから、クレジットカードの利用よりも、今後確実に増える条件は整っているのです。 デビットカードのメリットは、自分の口座にある残高の範囲内で支払いができるということですから、借金を負担するような心配はありません。

借金を嫌う習性は、日本人だけでなくヨーロッパの人々にもおおく見られる習性でもあります。 急速にデビットカードサービスが浸透したヨーロッパを日本と重ね合わせてみると、今後の日本市場を予測する上で、大きなヒントになるかもしれません。もともと小切手での支払いが主流としていて、デビットカードが代用品となったと考えると、日本では小切手での支払いの習慣が一般的でないため、大きな期待はできないという考え方もあります。

いずれにしても、デビットカードという、現金、クレジットカードにつづく、第3の便利な決済方法が生まれたからには、デビットカードを見なおして利用のできる枠を広げていかなくてはならないでしょう。



スルガ銀行デビットカード