home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ >> デビットカードの種類 >> 郵貯チェックカード
郵貯チェックカード 
郵貯チェックカードについて
郵便局の普通貯金の口座「ぱ・る・る」を持っている人を対象にクレディセゾン(セゾンカード)が発行しているVISAチェックカードです。

郵貯のデビットカードは利用する前に、口座の残高の一部をカード使用のために取っておかなくてはならなく(「保留」といいます)通常の貯金のように引き出すことをできなくしてしまう必要があります。
この保留した範囲で、チェックカードが使用できるようになっています。


発行されたばかりのころは、クレジットカードが持てない無職の人や、ブラックリストに載った(過去の取引で事故暦のある)人でも簡単に発行できたのですが、2003年に突然カード発行の募集を停止しました。

その後、204年中旬に新規募集を再開したのですが、通常のクレジットカード同様、個人信用情報機関を利用して与信に不安のある人には発行しにくくなり、かなり厳しい審査をしているようです。

以前のように信頼のおけない無職の人や、多重債務をしているブラックに近い人など、誰でも簡単に持てるカードではなくなってしまったようです。

*利用手数料比較表

この郵貯のデビットカードサービスが受けられる、セゾンカードを使用することでデビットサービス機能を始め、ネット利用が可能なVISA機能、コンビニエンスストア・ローソンでもデビットが利用できるローソンデビット、PLUSのネットワークで郵貯口座(保留枠)から引きだしできる国際キャッシュカードなど、1枚でお得なサービスを多数受けることができます。

カード発行審査で許可がおりない場合を除き限りお得なカードと言えるでしょう。