home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ >> デビットカードの種類 >> 日興プラチナデビットカード
 日興プラチナデビットカード
日興プラチナデビットカード

日興コーディアル証券で発行している世界初の「円、米ドル2通貨決済カード」で、国内でも国外でも自由なライフスタイルで使用できる、通常とは少し違った感覚のデビットカードです。

決済網自体はVISAなので国内外3000万店舗での使用が可能で、利用限度も口座内なら無制限といった非常に使いやすいカードです。

ただ、この口座というのが他のデビットカードと違うところなのです。 通常デビットカードを使用する場合、銀行や郵便局の普通預金口座に預金し、その預金してある枠内での使用ができると考えますが、この日興プラチナデビットカードは、手持ちの証券総合口座における「預り金(円貨および米ドル)」・「MRF」・「米ドル建てMMF」の残高の合計額の枠内で使用できるというところです。

証券口座からの支払いなので、デビットカードサービスで引き落とされるまでは資金運用ができるのです。 このカードの最大の特徴である2通貨決済の仕組みです。

まず、口座に「10万円」と「1000$」預けていることにします。

■ 4万円の買い物をしたとすると  口座には「6万円」と「1000$」が残ります ここまでは、普通です。 

■ 15万円の買い物をしたとすると  口座には「500$」が残ります  ※1$=100円の場合 通常では円の残高がなくなった時点で、利用限度額をこえて使用できなくなるのですが、

この日興プラチナデビットカードは米ドルを自動で両替して決済してくれるのです。 反対に、海外で買い物をして米ドルの預金が足りなかったとしても、日本円をドルに自動で両替をしてくれますし、ユーロをドルに両替することも非常に使い勝手の広いカードなのです。

さらに、特典も多数用意されていて、利用金額によって溜まるポイントによって受けられるサービスやキャッシュバックが盛りだくさんです。 加えて、セーフティサービスも充実で、カードの紛失、盗難に対処はもちろん、購入した商品の破損、盗難保険。さらには旅行中の怪我や病気といったトラブルまで補償がきくスペシャルカードなのです。

しかし、通常のデビットカードは多少異なるこのサービスを受けるには年会費が必要となり、年会費は21,000円(税込)からの利用になります。