home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ>> 海外利用 >> 海外での普及率
 J−Debitの国際化
J−Debitの国際化

日本におけるデビットカードは年々広がりを見せているとはいえ、「普及している」とは言い難い状況です。一方、海外ではデビットカードの普及が急激に伸びています。

日本のデビットカードが伸び悩んでいる要因がいくつか考えられますが、海外のデビットカードの普及状況からみて、日本政府が「J-Debit」という日本独自のブランドとして立ち上げてしまったことが大きな要因の一つとして挙げられるのではないでしょうか。

現在、クレジットカードを利用している人にとって、デビットカードが魅力に感じられない一番の要因として、取り扱える店舗数の少なさ利用出来る時間に制限があることだと思われます。

これらの解決策として、最も有効だと思われるのが、「J-Debitの国際化」です。つまり、国内でしか使えなかったデビットカードを海外でも利用できるようにするということです。

現在でも「J-Debitの国際化」がされているデビットカードも存在していますが、その内容的に大きく2つに分けられます。

最も多いパターンとしては、クレジットカードとデビットカードが一体になったもので“デビット(キャッシュカード)機能が付いたクレジットカード”になります。このタイプのカードは、国内では
デビットカードとしてもクレジットカードとしても利用できますが、海外ではクレジットカードとして利用することになります。

もう一つは、海外でもデビットカードとして利用出来るカードです。こちらのカードは、現在ごく一部でしか発行されていません。このカードは「クレジットカードのネットワークを利用したでデビットカード」ということが出来るものもので、海外においてもデビットカードとして利用することになります。

日本では、このタイプの先駆けとなったのが、「郵貯チェックカード<セゾン>」です。
このカードは、国内外問わず「VISA」が利用できる店舗であれば利用出来るもので、基本的に2営業日後に郵便貯金の口座から引き落とされます。つまり、「VISA」のネットワークを利用してデビット決済を行えるカードということになります。さらに、このカードは、自分で利用限度額を設定することが出来るので、“使いすぎ”を防ぐことも出来ます。

ただし、このカードにはクレジット機能も付いており、限度額内の利用であれば、残高不足で引き落としが出来なかった場合でも商品を購入することができ、後日、過剰分がクレディセゾンから請求されてしまいます。

これに対して、クレジット機能を持たないカードもあります。「スルガ銀行VISAデビットカード」と「日興プラチナデビットカード」がこれに当たります。

これらのカードは、VISAのネットワークを利用しているので世界中で利用することができ、指定口座からの即時決済により、残高が不足している場合には、商品を購入することができません。
まさに、“クレジットカードのネットワークを利用したでデビットカード”ということが出来ます。

これらのカードは、まだごく一部しか発行されていませんが、今後の普及が見込まれるスタイルのカードだということが出来ます。