home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ>> 利用方法 >> 旅行先での利用
 旅行先での利用
旅行先での利用

デビットカードの利用法は実は幅広く、普段の生活においても利用価値は高いものですが、実は旅行の時にも大変重宝します。

例えば、航空券やホテルの予約などもデビットカードを利用することが出来ます。正確には、“予約”ではなく“先払い”になりますが、万が一キャンセルした時には規定の金額は口座へ払い戻しになります。

これらの予約は、一般的には電話やネットで予約をして当日に現金で支払うか、クレジットカードで予約をして、月末などに指定口座から引き落とされることになります。旅行先では、買い物や食事を楽しむことが多くなるので、所持金や、クレジットカードの支払額が多く成りがちになってしまいます。

しかし、デビットカードを利用することで、旅行先で現金を持ち歩く手間を省くことが出来ますし、クレジットカードのように知らないうちに支払限度額が超えてしまう心配もありません。更に、旅行などの為の別口座を予め用意することで、必要以上のお金を使ってしまうことを防ぐことが出来ます。

特に海外旅行においてはカードは、“必需品”といえます。海外では、現金を持ち歩く危険性の高さから、デビットカードやクレジットカードの普及率は高く、その分、支払いは基本的にクレジットカードやデビットカードになります。

ただし、日本のデビットカード(J-Debit)は海外のデビットカードとは異質で、日本国内でしか利用することは出来ません。その為、日本では旅行の必需品として確立しているのが“クレジットカード”になっていると言えます。

海外旅行でも国内と同じようにデビットカードを利用するには、“VISA”や“MasterCard”などの国際ブランドのクレジット会社と提携されているデビットカードが必要になります。

簡単に言うと、海外のデビットカードの殆どが国際ブランドのクレジット会社と提携している為に世界中の店舗で利用することができるのです。

現在の日本において、クレジットカード機能がついたデビットカードはありますが、クレジット会社と提携されているデビットカードは殆どありませんが、スルガ銀行で発行している“VISAデビットカード”なら、クレジットカードのように国内外問わず多くの場所で利用することが出来、口座残高分しか利用出来ないというデビット機能を利用することが出来ます。