home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ>> 利用方法 >> カードの使い分け
 カードの使い分け
カードの使い分け

現在では、クレジットカードを始め、ICカード携帯電話決済(Edy)など新しいカードや決済方法が次々に生まれています。デビッドカードもその中のひとつで、便利な機能をたくさん持っています。

このようにカードの種類によって、カードの機能も多種多様で、便利な機能を持つものが多くありますから、あれもこれもと目移りしてしまいます。実際たくさんのカードの中から自分にあったものを探し出すのは困難極まりないかと思われます。

しかし、上手にカードを選び、使用するためにはコツがあります。まず、あたりまえのことですが、自分のライフスタイルに合っているかどうかです。

海外に行くことが少ないのに、飛行機のマイルが貯まりやすいとか、米ドルでの決算が簡単とかいったような特典に惑わされてはいけないということです。極端な話、自動車免許を持たずに自動車保険に入るようなものと考えていいでしょう。

次に、カードは何枚必要かということも大切です。まず、あれもこれも必要といって何枚も持つということは絶対にやめましょう。デビットカードでは大抵が年会費無料なのであまり気には止めませんが、中には年会費がかかるものもあります。

クレジットカードで年会費がかかるものが大半を占めますから、使用していないカードに年会費を支払うことは、ただの無駄になってしまいます。知人にせがまれて作った義理カードや、使用しないでホコリをかぶっているカードは解約してしてしまいましょう。カードはできるだけ絞り込んで持つことが大切です。

カードを賢く使うためには、「メインカード」「サブカード」の2つの大別させて持つのも選択肢の一つといえるでしょう。

これは、ポイントや特典がつくカードを一枚に絞り込む「特典用カード」とその場で割引率や利便性が高い「お手軽カード」の2枚です。最近では、デビットカードとクレジットカードの一体型カードいうものもあるので、クレジットカードに反対意見を持つ人も安心して使用することができます。

賢いカードの利用の仕方は、自分のライフスタイルに合わせたカードをメインに、補足的なカードをサブに持つといったやり方が、カードで特をできる賢い使い方ではないでしょうか。