home
主なメリット
主なデメリット
クレジットカードの種類
カードの仕組み
カードの清算方法
カードの審査
カード会社の審査
金利で選ぶカード会社
カード破産
カード犯罪
デビットカードとは
カードの歴史
セキュリティについて
デビットの種類
デビットとクレジット比較
海外利用について
カード犯罪
 
TOPページ>> 利用方法 >> カード犯罪対策
 カード犯罪対策
カードの使い分け

近年様々な手口によってカード犯罪が増加し続けてきています。デビッドカードも、お金の代わりになるカードとして便利ではあるのでずが、犯罪者にとっても標的にするには格好の獲物のひとつになります。近年、デビッドカードに対するセキュリティは充実してきたとはいえ、それに対応するかのように犯罪手口も巧妙になってきています。

 

デビッドカード(キャッシュカード)の利用の鍵を握る暗証番号について

暗証番号は決して誰にも教えない
友人や家族であってもできるだけ暗証番号は、自分だけのものにしてください。
例え金融機関の従業員であっても、警察であっても暗証番号は容易に教えてはいけません。

暗証番号を記憶
忘れっぽい性格だからといって、暗証番号を書き留めておくのはカードを誰でも使って下さいと言っているようなものです。どうしても、メモが必要なら決してカードの暗証番号だと分からないように、別のものと保管するか、自分しかわからないような工夫を施すなどしましょう。

意味を持つ暗証番号を避ける
自分の誕生日、電話番号、アドレスなどといった意味をもった暗証番号は、犯罪者が一番に番号を試すものです。暗証番号に意味を持たせることは避けた方がいいでしょう。

利用するときの注意事項。

カードを容易に預けない
支払いの際、カードを提示してデビッドカードを利用することを伝えるのですが、このとき自分でカードを端末に通すよう心がけるといいでしょう。店の従業員だとしても、特に海外では、預かったカードから情報を読み取り、暗証番号などを調べだしてしまったり、ということもあるようです。もちろん、従業員だけでなく一般の人や警察であっても預けたりしてはいけません。

自分のカードは自分で守る
現金を引き落とすとき、デビットカードを利用するとき、暗証番号を打ち込むときは必ず、周囲を気にして下さい。背後から暗証番号を盗もうと見ている人がいつかもしれませんし、従業員でも手元ばかりみてくる人には注意が必要です。